関連情報

 高石昇の本

日本ブリ−フサイコセラピ−研究会 編
ブリ−フサイコセラピ−研究 3

亀田ブックサ−ビス 1994年 7月 発行 

A5判 並製 172 pp. 本体価恪 2,913円+税

ISBN 4-906364-05-5




         目 次

 基調講演 心理療法短期化への動向と展望(高石 昇)
第1部 シンポジウム
 1-1. 苦悩、芝居そして別れ(児島達美)
 1-2. 演劇と心理療法に関するモノロ−グ(森 俊夫)
 1-3. リクエストシンポジウム(吉川 悟)
 1-4. シンポジウム−まとめ−(廣井亮一)
 招待講演 ブリ−フセラピ−のエッセンス(J.K.ゼイク)
 全体討論(宮田敬一)

第2部 ワ−クショップ
 2-1. 物語としての子ども−MRIとBFTCのブリ−フ・セラピ
   −にホワイト/エプストンの物語モデルを足して3で割る
   (小森康永)
 2-2. 家族描画の具体的技法と展開(団 士郎)
 2-3. 家族を中心としたエコロジカル・アプロ−チ(立木、谷口)
 2-4 イメ−ジ分析療法入門(森山敏文)
 2-5 セ−ルス・ト−クに学ぶ治療技法のエッセンス(坂本、東)

第3部 特別企画:シンポジウム
 シンポジウム 心理臨床におけるブリ−フセラピ−(短期療法)-2
 3-1. ストラティ−ジックセラピ−におけるディストラクション
    の意義(宮田敬一)
 3-2. 集団精神療法における短期療法のファクタ−について(高良) 
 3-3 心理臨床におけるブリ−フセライ−を考える その2(村上)
 3-4  面接におけるセラピストとクライエントの仕事
    (原口葉一郎)
 3-5 指定討論(小川捷之)