関連情報


日本ブリ−フサイコセラピ−学会 編
ブリ−フサイコセラピ−研究 4

亀田ブックサ−ビス 1995年 7月 発行 

A5判 並製 148 pp. 本体価恪 2,427円+税

ISBN 4-906364-08-x



目 次

基調講演 心理療法でなぜユ−モアをまじめに討論する必要が
      あるのか(ブライアン・ケイド)

第1部 シンポジウム
 1-1. 治療におけるユ−モア(東 豊)
 1-2. --におけるユ−モアについて(堀之内)
 1-3. ユ−モアは大事です(森 俊夫)
 1-4. 演技のもつユ−モア性、ユ−モアのもつ演技性(浅野)
 1-5  「--におけるユ−モア」について(本城)
 1-6 シンポジウム−まとめ−(児島達美)
 公開対談「体験」をめぐって−ブリ−フ、体験、アクチュアリ
      ティ−(成瀬悟策、川上範夫)

第2部 ワ−クショップ
 2-1. エリクソニアン アプロ−チ(宮田敬一)
 2-2. エイズカウンセリング(宮崎 昭)
 2-3. 5分でできる情報収集(吉川 悟、村上雅彦)
 2-4 解決志向の短期療法(原口葉一郎、磯貝希久子)

第3部 特別企画:シンポジウム
 3-1. 治療言語からみたブリ−フセラピ−(児島達美)
 3-2. 動作療法の技法(窪田文子)
 3-3 折衷的アプロ−チの立場から(金沢吉展)
 3-4  「セラピ−はパフォ−マンス」だという当たり前のこと
     (白木)
 3-5 「本物臨床」研究会!?(川上範夫)

ブリ−フサイコセラピ−入門講座(村上雅彦)