関連情報

岡本 芳美 著
流出計算「MTM法」解説

 A5版・384頁  1990年発行     定価 ¥5, 150

 全ての土木工学における水に係わる計画において、川の流量を
雨量から計算すること、す なわち流出計算が、その基礎となっ
ている。我が国においては、「貯留関数法」と呼ばれ る経験的
とも云える方法が、唯一の実用的な方法として、30年近く使用さ
れてきている。 しかし、水計画の高度化に伴って、新しい理論
的な方法の出現がずいぶん以前から求めら れている。著者は、
基礎研究から始めて18年の歳月をかけ、現場の要望に答え得る新
流出計算法「MTM法」を開発した。