関連情報

 宮田敬一の本

 ビル・オハンロンの本
 O'Hanlon W.H.の本
Hypnotherapy

-an exploratory casebook

ブライアン・ケイド/ウイリアム・H.オハンロン著
宮田 敬一/窪田 文子 監訳 
ブリ−フセラピ−への招待

亀田ブックサ−ビス 1998 10月10日 発行 218 pp.
ISBN 4-906364-26-8    ¥3,800

Contents
まえがき/はじめに
第1章 ブリ−フ・ストラティ−ジック・アプロ−チ
第2章 両耳の間で何が起きているのか 
第3章 真実の「現実」(あるいは「現実」の 真実)
    :何が、実際に起きているのか 
第4章 どのように感情を理解するのか 
第5章 問題の話し合い
第6章 中立性とパワー、指示、課題、そして説得 
第7章 同じ過ちを繰り返さないこと
第8章 例外、解決そして未来への焦点化
第9章 フレーミング介入:問題の見方を変える 
第10章 パタ−ン介入:問題のやり方を変える
第11章 アナロジーの利用
第12章 逆説的介入
第13章 過剰な責任感と甚だしい無責任さ
     :1つの物事の表と裏

エピローグ
References/人名索引/あとがき

 本書はブリ−フセラピ−の優れた点だけでなく、ブリ−フセラピ−に 
 対するこれまでの批判に対しても的確に述べています。本書を読むこ 
 とでブリ−フセラピ−の現状についてよりよく理解できます。ブリ− 
 フセラピ−がミルトン・エリクソンの伝統を受け継ぎ、いかにクライ 
 エントを尊重しているか、クライエントの感情をどう捉え、扱ってい 
 るかを知ることができます。

 
 A Brief Guide to Brief Therapy:: by Cade & O'Hanlon(W.W.Norton 1993)